糖尿病医療連携体制講習会

 第23回 糖尿病医療連携体制講習会

<日本医師会・鹿児島県医師会生涯教育認定講座>
<日本糖尿病協会 療養指導医取得のための講習会>
<日本糖尿病療養指導士 認定更新のための研修会>

日 時:令和3年11月16日(火)午後6時50分〜午後8時30分
場 所:ハイブリッド形式(鹿児島県医師会館〔中央町8−1〕/WEB配信)

共 催:鹿児島市医師会、MSD株式会社、ノボノルディスクファーマ株式会社
< 次  第 >
 <司会> 鹿児島市医師会 理事 大勝 秀樹 先生 
 情報提供「リベルサス錠」MSD株式会社
 開会の挨拶:鹿児島市医師会 理事 大勝秀樹 先生
<座長> 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 糖尿病・内分泌内科学
教授 西尾善彦先生
   『レクチャー3題 〜症例をもとに〜』

    動画はこちらをクリックしてください →
     レクチャー@ 19:00〜19:30
     演題:「持続皮下血糖測定:FGM(flash glucose monitoring) を利用した
        2型糖尿病の血糖管理」

     講師:公益財団法人慈愛会 いづろ今村病院 糖尿病内科 竹迫慎平先生

    資料はこちらをクリックしてください →

     レクチャーA 19:30〜20:00
     演題:「高齢者糖尿病の注射療法に関わる工夫
       (インスリンからGLP1RA 、在宅医療まで)」

     講師:公益財団法人慈愛会いづろ今村病院
          糖尿病センター長兼名誉院長 鎌田哲郎先生

    資料はこちらをクリックしてください →

     レクチャーB 20:00〜20:30
     演題:「肥満糖尿病の治療」
     講師:鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科
          糖尿病・内分泌内科学 助教 橋口 裕先生

    資料はこちらをクリックしてください →

 
このサイトの文章、画像などを許可なく保存、転載する事を禁止します。
(C)Kagoshima Medical Association 2021