糖尿病医療連携体制講習会

 第19回 糖尿病医療連携体制講習会

<日本医師会・鹿児島県医師会生涯教育認定講座>
<日本糖尿病協会 療養指導医取得のための講習会>
<日本糖尿病療養指導士 認定更新のための研修会>

日 時 令和2年9月15日(火)午後6時45分〜午後8時30分
場 所 鹿児島県医師会館 4階大ホール (鹿児島市中央町8番地1)
共 催 鹿児島市医師会、大正製薬株式会社
< 次  第 >
 <司会> 鹿児島市医師会 理事 大勝秀樹 先生 
 開会の挨拶:鹿児島市医師会 理事 大勝秀樹 先生
<座長>鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 糖尿病・内分泌内科学
    教授 西尾 善彦 先生
   『レクチャー3題 〜症例から考える糖尿病治療〜』
     レクチャー@ 19:00〜19:30
     演題:「糖尿病での減塩指導の重要性と具体的指導方法」
     講師:医療法人上ノ町・加治屋クリニック 院長 加治屋 昌子 先生
     日本糖尿病療養指導士 中尾 矢央子 先生

    資料はこちらをクリックしてください →

     レクチャーA 19:30〜20:00
     演題:「糖尿病患者のシックデイルールと外来での指導について」
     講師:鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 糖尿病・内分泌内科学
     助教 有村 愛子 先生

    資料はこちらをクリックしてください →

     レクチャーB 20:00〜20:30
     演題:「GLP1RA注射薬を日常臨床でどう使うか」
     講師:独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター 糖尿病・内分泌内科
     部長 郡山 暢之 先生

    資料はこちらをクリックしてください →

 
このサイトの文章、画像などを許可なく保存、転載する事を禁止します。
(C)Kagoshima Medical Association 2020