放射線科

放射線科

 放射線科は画像診断と血管造影・IVR(インターベンショナルラジオロジー:低浸襲的治療)を主に行っています。放射線科医2名と鹿児島大学非常勤医師(週1回0.5日)が撮影された画像や臨床情報から疾患がどのようなものか、あるいは疾患の今の状況を診断します。また、必要な検査や治療方針を他科の医師に紹介をしています。
 画像診断検査は原則予約制でCT、MRI、核医学検査(RI:シンチグラム)を担当し、当日に読影レポートを作成しています。但し、可能な限り予約外、緊急にも対応しておりますので、お問い合わせください。
他院からの検査依頼も多く症例は豊富です。多列検出器CTは三次元画像や従来のCTでは画像にできなかった冠動脈CTなどを可能にし、その有用性が拡がっています。MRI、RI、血管造影・IVR装置も機器更新やバージョンアップを繰り返しています。画像診断にはワークステーションを用いた画像保管転送システムを用いて行い、画像レポートシステムもデジタル化し分かりやすいレポートを目指しています。必要に応じて画像データをCD-Rにてお渡ししています。
 当院は日本医学放射線学会専門医修練機関(放射線診断・核医学・IVR部門)に認定されています。血管造影・IVRは肝腫瘍を中心に行っていますが、その他に消化管出血や術後出血などの緊急止血塞栓術なども行っております。
 今後も画像診断および血管造影・IVRに対する御要望・御期待に適切に対応できるように努力したいと思います。


ページトップへ戻る