編集後記


 2月は如月(きさらぎ,絹更月,衣更月とも表記される)ともいわれ,その由来は旧暦2月でもまだ寒さが残っており,衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更月(きさらぎ)」とか,陽気が更に東からくる月(気更月)などと諸説あるようです。
 さて,天辰先生の「誌上ギャラリー」は,「客船アムステルダム送迎風景」の写真です。いつかは豪華客船での旅を楽しみたいものです。いつも素敵な写真をご提供いただきありがとうございます。
 本号は「新制鹿児島市医師会設立70周年記念特集」として,市医師会の猪鹿倉会長,三反園知事,森市長,県医師会の池田会長からいただいたご祝辞と,「設立70周年に寄せて」をテーマにご寄稿いただいた作品を掲載しております。市医師会の70年の歴史のなかで,各々の先生方のその頃の状況や思いを熱く語られておられます。この70年の歴史と先生方の教えを糧に,鹿児島市医師会のさらなる発展を願うところです。ご寄稿いただいた先生方,本当にありがとうございます。
 「論説と話題」は,会員受賞祝賀会の様子と先生方の受賞内容が掲載されています。受賞された先生方の並々ならぬご努力の賜物であり,その真摯なお姿に頭の下がる思いです。今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
 「医療トピックス」は,福元先生より「帯状疱疹の治療薬」です。薬剤各々に特徴があり,発病初期の投与に効果が期待できるとの事です。
 「学術」は,SAPを用いた1型糖尿病合併妊娠の1例と,鹿児島市外科医会秋季症例検討会の4例が掲載されています。貴重な症例のご報告ありがとうございます。
 「随筆・その他」の「切手が語る医学」は,古庄先生より「偉人・医師」の切手が紹介されています。いつも珍しい切手の紹介ありがとうございます。また,小田原先生から「シリーズ医療事故調査制度とその周辺(12)−医療事故調査制度の施行に係る検討会(1)−」をご寄稿いただきました。シリーズで医療事故調の成り立ち,仕組みや内容,注意点等を詳細に記されておられます。会員の病院・医院のためにシリーズでのご寄稿いただきありがとうございます。武元先生からは 『「冷え」とSilent Anemia(かくれ貧血)』 をご寄稿いただきました。いつもご自身の貴重な症例をご提示いただきありがとうございます。また,「リレー随筆」は,鄒先生より「世界の車窓から〜ユーラシア大陸編〜」です。卒業旅行で訪れたユーラシア大陸横断記で,旅の様子が手に取るように描写されています。次回のアフリカ大陸編(予定)も楽しみにしております。ご寄稿いただいた先生方に感謝申し上げます。
 「区・支部だより」「各種部会だより」はご一読ください。
 「各種報告」は,平成29年度全国医師会勤務医部会連絡協議会の報告があります。人口減少,医師の高齢化や偏在,若手医師等につき協議されています。
 「鹿市医郷壇」へのご投稿ありがとうございます。2月は寒い時期なので,アウトドアよりインドアで一句ひねってみてください。皆様のご投稿お待ちしております。
 2月9〜25日に平昌オリンピックが開催されます。フィギュアスケート,スピードスケート,ジャンプ等金メダルを望める競技もあり,日本選手団の活躍に期待します。では,私は炬燵にはいり,「きさらぎ」ゆえにもう一枚羽織り,テレビの前で焼酎のお湯割り片手に「がんばれニッポン!!」で金メダルに・・・乾杯! 

                             (編集委員長 上ノ町 仁



このサイトの文章、画像などを許可なく保存、転載する事を禁止します。
(C)Kagoshima City Medical Association 2018