鹿児島市医師会病院

くすり一口メモ


鹿児島市医報の「医療トピックス」から転載

(ご注意)内容をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
以下のアイコンをクリックしてダウンロードできます。
掲   載   号 内   容
平成29年 第56巻 第07号 糖尿病薬の固定用量配合剤投与
第06号 分子標的治療薬による創傷治癒遅延と手術前後の休薬期間について
第05号 投与期間に上限のある向精神薬について
第04号 男性が治療に用いることで胎児に影響を与える薬剤について
第03号 自動車運転と抗うつ薬について
第02号 自転車の運転に対し制限のない第二世代抗ヒスタミン薬について
平成28年 第55巻 第12号 腎機能低下時に投与禁忌、慎重投与となっている糖尿病治療薬
第11号 バイオシミラーについて
第10号 新規高コレステロール血症治療薬について
第09号 新経口抗凝固薬(NOAC)の併用禁忌薬剤について
第08号 週1回投与のDPP-4阻害薬について
第07号 抗ヒスタミン薬の鎮静作用
第06号 ビグアナイド薬と乳酸アシドーシス
第05号 院外処方箋に検査値を表示する取り組みを開始しました
第04号 食事により影響を受ける薬剤
第03号 添付文書に「自殺企図」「自殺念慮」等の記載がある薬剤について
第02号 インフルエンザ治療薬
平成27年 第54巻  第12号 発熱性好中球減少症に適応のある抗菌薬について
第11号 がん薬物療法の支持療法における自動車運転に関する添付文書上の記載の有無
第10号 バイオ後続品(バイオシミラー)について
第09号 睡眠薬の併用禁忌薬剤・使用禁忌疾患・高齢者投与量
第08号 経口抗凝固薬の減量基準について
第07号 「ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン2014年改訂版」から見たビスホスホネート系薬剤の位置づけ
第06号 経口ビスホスフォネート製剤の分類と留意事項について
第05号 輸液の実容量と予備容量について
第04号 医療用麻薬を携帯して入国・出国する場合の手続き
第03号 新しい作用機序を持ったプロトンポンプ阻害剤(PPI)
第02号 高齢者に対して注意を要する薬剤
平成26年 第53巻 第12号 糖尿病治療薬の併用について
第11号 新規経口癌性治療薬「タペンタドール塩酸塩」について
第10号 初回負荷投与が必要な抗菌薬・抗真菌薬について
第09号 心房細動患者における血栓塞栓症の発症を抑制する薬剤について
第08号 手術時に休薬が必要な経口女性ホルモン製剤
第07号 自動車運転等に影響を与える薬剤
第06号 腎機能に応じた糖尿病薬の選択
第05号 ガイドラインからみた腸球菌による感染性心内膜炎に対するペニシリン系薬剤の使い方
第04号 大腸癌補助化学療法で使用できる経口抗がん剤の比較
第02号 尿素呼気試験によるピロリ菌感染診断に影響を及ぼす薬剤について
平成25年 第52巻 第12号 インフルエンザワクチン接種に関してよくある質問
第11号 Child-Pugh分類を用いた肝機能障害患者への薬物投与について
第10号 食物アレルギー患者に対して投与禁忌の薬
第09号 骨粗鬆症に用いられる注射剤について
第08号 便秘症の治療薬について
第07号 新規経口オピオイド製剤「メサペイン錠」について
第06号 健胃薬の食塩含有量について
第05号 投与期間に上限のある向精神薬について
第04号 アナフィラキシー補助治療剤「エピペン」について
第03号 COPDの治療に用いる吸入薬について
第02号 経口抗凝固薬と飲食物の相互作用について
平成24年 第51巻 第12号 PK/PD理論に基づいたピペラシリン(PIPC)の投与量設定
第11号 骨転移に使用する新たな薬剤
第10号 グレープフルーツジュースの薬物相互作用について
第09号 適応にはない抗菌薬の使用事例
第08号 光学異性体を分離した新医薬品について
第07号 過活動膀胱の治療薬について
第06号 アルツハイマー型認知症治療薬について
第05号 PPIの適応と用法・用量について
第04号 骨粗症治療に用いる副甲状腺ホルモン製剤について
第03号 CCrによって減量が必要な抗真菌薬
第02号 抗菌薬関連下痢症に対する薬物治療について
平成23年 第50巻 第12号 アセトアミノフェン製剤の適応と用法・用量について
第11号 添付文書にCCrによる投与量が定められている内服薬
第10号 個別包装の滅菌状態について
第09号 当院で分離された緑膿菌に対する抗菌薬の感受性について(第4報)
第08号 高尿酸血症の治療薬について
第07号 経口抗凝固薬について
第06号 ICUにおける薬剤管理指導業務について
第05号 主な内服の利尿薬について
第04号 抗MRSA薬の至適血中濃度について
第03号 抗不整脈薬を腎不全患者に投与するときの注意点
第02号 癌性疼痛時の弱オピオイドの使用について
平成22年 第49巻 第12号 ワルファリンに影響を与えるビタミンK含有製剤について
第11号 抗ヒスタミン作用を有する薬剤と痙攣
第10号 当院で分離された緑膿菌に対する抗菌薬の感受性について
第09号 転倒転落事故に関与する薬剤
第08号 嚥下機能を向上させる薬剤と誤嚥しにくい服薬方法
第07号 抗真菌薬について
第06号 喫煙と医薬品の相互作用について
第05号 「デュロテップMTパッチ」(麻薬)を慢性疼痛に使用する場合の注意事項について
第04号 PK/PD理論に基づいた薬物投与計画について
第03号 経口抗がん剤を含む大腸癌化学療法
第02号 肺がん化学療法について
平成21年 第48巻 第12号 薬品名の由来について
第11号 院内で分離された緑膿菌に対する抗菌薬の感受性について
第10号 2型糖尿病治療の新時代への期待
-新薬DPP-4阻害薬の登場-
第09号 オピオイドの薬物動態
第08号 禁煙の薬物治療について
第07号 医療用の配合剤が増えてきたのはなぜ?
第06号 オピオイド・ローテーションについて
第05号 抗がん剤感受性試験について
第04号 坐剤併用時の注意事項と基剤特性
第03号 全身投与ステロイド薬の薬剤間の対応量について
第02号 サリドマイドについて
平成20年 第47巻 第12号 鹿児島市医師会病院における細菌分離状況と緑膿菌に対する抗菌薬の感受性について
第11号 院内肺炎における抗菌薬の適正使用について
第10号 肝機能障害時における痛風治療薬の使い方
第09号 インスリン療法開始時の服薬指導について
第08号 コンプライアンスとアドヒアランス
第07号 硫化水素中毒に使用する薬剤
第06号 医薬品に分類される経腸栄養剤
第05号 経口オピオイド製剤による疼痛管理
第04号 抗がん剤による抹消神経障害について
第03号 ティーエスワン併用療法について
第02号 麻薬管理マニュアルの変更について
平成19年 第46巻 第12号 PPIの相互作用について
第11号 ドーピング禁止物質について
第10号 ARBにおけるインバースアゴニスト活性について
第09号 経口用ニューキノロン系抗菌薬の薬物動態
第08号 抗血栓作用を持つ薬剤と手術
第07号 「前立腺肥大症に伴う排尿機能障害」の治療薬について
第06号 フェンタニルとアルチバ(レミフェンタニル)の特徴について
第05号 点滴速度に注意すべき注射薬
第04号 大腸癌化学療法時の薬剤費について
平成18年 第45巻 第14号 副作用予防のために定期的な検査を必要とする薬剤
第13号 「狂犬病ワクチン」の供給について
第12号 薬剤の経管投与について(簡易懸濁法)
第11号 抗菌薬における肝機能低下時の投与量・投与間隔
第10号 人体に使用できる消毒薬
第09号 薬剤熱について
第08号 DEHP溶出に注意が必要な薬剤
第07号 空腹時の服薬意義
第06号 悪性症候群の副作用のある薬剤
第05号 抗がん剤の無菌調製
第04号 服薬後の尿や便の色調変化
第03号 ニコチン依存症管理料の新設と禁煙補助薬
第02号 かぜ症候群・インフルエンザに用いられる漢方薬
平成17年 第44巻 第12号 吸入用β2刺激薬の特徴
第11号 注射薬ボトルのキャップ部分の消毒について
第10号 糞便中に残渣が排泄される薬剤
第09号 転倒・転落を起こす可能性のある薬剤
第08号 アンジオテンシン阻害薬の薬理作用
第07号 薬剤管理指導
第06号 睡眠薬の禁忌事項
第05号 アンギオテンシンU受容体拮抗薬の比較
第04号 第2世代抗ヒスタミン薬と気管支喘息
第03号 治験が進められる抗がん剤3種について
第02号 投与間隔に注意が必要な抗がん剤
平成16年 第43巻 第12号 金属カチオン含有製剤との併用により影響を受ける薬剤
第11号 Ca拮抗剤とグレープフルーツジュースとの相互作用について
第10号 口腔内崩壊錠
第09号 薬用植物と有毒植物(2)
第08号 吸水ステロイド薬の分類とその特徴
第07号 抗不安薬の特徴
第06号 SSRI使用時の併用禁忌及び併用注意薬剤について
第05号 NSAIDsの抗腫瘍効果とCOX-2選択性
第04号 重症型薬疹(SJSとTEN)
第03号 薬剤性間質性肺炎について(内服薬)
第02号 H2ブロッカーの腎機能低下時の投与量
平成15年 第42巻 第12号 タキソールとタキソテール
第11号 高脂血症治療薬の主な副作用と特徴
第10号 健胃消化薬における禁忌と相互作用について
第09号 食物アレルギーと薬
第08号 注射薬の混合順序について
第07号 プロスタグランジン関連製剤の分類
第06号 低血糖の副作用に注意すべき内服薬
第05号 総合感冒剤の禁忌項目
footer