医師会病院


鹿児島市医師会病院とは

 鹿児島市医師会病院は共同利用の開放型病院として1984年6月に開院し、かかりつけ医師との密接な連携のもと、地域の中核病院として急性期疾患を中心とし地域包括ケア・緩和ケア・在宅医療支援までシームレスな医療を担っています。これまでの業績が評価され、行政や学会による多くの許認可事項や認定施設の指定を取得しています。
当院は、鹿児島市医師会員の共同利用施設ですので、受診については原則紹介状が必要になります。
当院の診療科についてはこちらをご覧ください。救急部門もあり24時間体制で診療を行っています。



人間ドック(検診)を受けましょう

 「えー 元気だったのにあの人が癌!」
「あの人が心筋梗塞で突然入院したんだって!」
私たちのまわりでよく聞いたり、見たりする話ですね。
 
一般に、糖尿病、高血圧、高脂血症、心臓病や脳卒中などの生活習慣病は、かなり進行しないと自覚症状がありません。癌も同様です。人間ドックは普段気がつかない病気や内臓の異常や健康度をチェックします。
病気が早く発見できれば早期に治療が可能ですし、症状はなくても異常なデータについては生活習慣を改めることで、病気の予防も可能になり健康増進に役立つのです。

当院での人間ドック・健診についてはこちらをご覧下さい。



このサイトの文章、画像などを許可なく保存、転載する事を禁止します。
(C)Kagoshima City Medical Association 2018